漫画

王道かつ邪道なオススメしたい漫画~東京卍リベンジャーズ~

投稿日:2018年9月1日 更新日:

週刊少年マガジンにて連載中の漫画
「東京卍リベンジャーズ」

ヤンキー漫画は、「ドロップ」くらいしかちゃんと読んだことないのですが見事にはまりました。

東京卍リベンジャーズの魅力
ヤンキー×タイムリープ

ただのヤンキー漫画じゃない!

冴えない元不良が自分と大切な人の未来を変えるために過去にタイムスリップ!

サスペンス要素が強い反面、ヒロインや仲間のために主人公が熱くなるThe王道少年漫画です。

「東京卍リベンジャーズ」のあらすじ

レンタルショップで働き謝ってばかりの童貞主人公タケミチ。

中学生の時、唯一付き合っていた彼女が亡くなったニュースを見かけます。

ホームで突き落とされ、気づいたら12年前の中学時代。

周りには、当時の仲間「マコト、アッくん、山岸、タクヤ」

そして、鏡にはレンタルショップで働いていた自分とはかけ離れているダサい髪形をした主人公。

流れで他中に喧嘩をふっかけに向かった5人。返り討ちにされ東京卍會という組織の下っ端になります。

東京萬會、これが後に大きな組織になり12年後の現在、その抗争に巻き込まれてヒロインのヒナが死んだことを思い出します。

過去でタケミチは、ヒナに会いに行きます。

そこには、笑顔のヒナと弟の直人が。

直人に自分が未来から来たことと、12年後に姉を守るように伝えます。

そして握手をした途端、現代に戻ります。

タイムリープをして、直人にヒナを守る未来を話したことで、

彼は刑事になりホームに突き落とされたタケミチを救ってくれたのでした。

しかし、ヒナを救うことはできませんでした。

タケミチは未来を変えるためにタイムリープを繰り返します。

一つの歯車を変えればまた望んでいない違う未来がやってきます。

ヒナを救うため、自分を変えるために冴えない元不良のタケミチは関東最凶の不良軍団の頂点を目指し未来を変えようとします。

ただの喧嘩がメインのヤンキー漫画ではないんです!

伏線がはりめぐさられ、過去と現代を行き来することで明らかになっていく事実。

これいつか実写映画化しそうだなー

ヤンキー漫画が苦手な人も、そこまで過激な描写もないので入りやすいと思います。

謎が明らかになり謎が深まる夢中になる作品なので是非!!!

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした