ライフ

社会人1年目ブロガーが教える学生時代に考えておくべき3つのこと。

投稿日:2018年9月9日 更新日:

半年前まで学生で、社会人6か月目かつブロガー歴1ヶ月

社会人1年目で覚えることも多く、時間がない。

時間のない中ブログを始めて1ヶ月経った今だから思うこと。

学生時代は、基本的に2度は来ないのだからこそ色んなことに挑戦しておくべき。

学生を活かして多くの人に出会うこと

僕は学生最後の1年でたくさんの人に会いました。

色んな人に会うって社会人でも出来るのではないか?

ここで大事なのは、学生という立場として色んな人に会うことです。

新卒1年目で、前まで学生だったと言われることはあっても扱いは社会人です。

学生という立場を活かすなら

例え、企業に就職する気がないとしても就活はしたほうがいい。

僕は就活を通して、色んなバックグラウンドを持つ人と会いまくりました。

王道ルートの就活だけでなく、邪道というべきか

SNSを使った就活や

SNSで見つけた就活サポートをしてくれる人や場所にもたくさん行きました。

また、アルバイト先のお客さんと仲良くなって、

数人にはうちの会社来るかと言ってもらえることもありました。

カフェで就活の勉強していたら、隣の人が話しかけてくれることも多々ありました。

コネで内定もらう人を羨むなら、コネを作る努力をしたほうがいい。

学生という立場を活かせば、コネなんてそこら中に転がってる。

また就活イベントなんかは、外部から講師を呼んでくれることもあります。

今、その人の話を聞こうと思ったら3千円とか1万円かかったりする。

学生の間なら、企業が全部負担しているので無料で聞き放題です。

後、一人旅やバックパックは学生の間に経験したほうがいいと思います。

物事を広くとらえる力がつくと思います。

「学生なのに偉いねー」社会人になった瞬間に同じことしても言われなくなるので

学生の特権を活かしてたくさんの人に会うことをおすすめします。

とりあえずやってみることが大事

「とりあえずやってみる」、これは僕の小さい頃からの考えでもあるんですが

学生の間は本当に”やってみること”が大きい。

例え、留年した23歳の学生と23歳の社会人が同じことに挑戦しても

評価のされ方は全く違います。

学生は、ある程度周りの環境に合わせられる。

だからこそ、その環境を抜け出し一人で挑戦出来る人は強い。

こちらの”あまうま”さん。大学生とは思えない行動力。

TLでよく流れてくるのですが、毎日何か行動に起こしてる。

1年前の僕なら絶対に出来なかった、いや今でも出来ない。

”あまうま”さんの行動自体もちろんすごいのですが、

学生であることを上手く活かしていると思う。

学生の間にこれだけのことをしていたということ自体が財産になるだろなと思いました。

先入観・偏見は捨てろ

人間だれでも、先入観や偏見を抱いてしまいがちです。

僕だって先入観が全くないとは言いきれません。

ただ先入観というのは、可能性をあまりにも邪魔します。

社会人はこうだ」とか「フリーランス」はこうだ。

大抵、説得力のない発信をしているのは経験していない人たち。

勿論、考察や考えること自体は悪いことではないと思う。

けれど、先入観が故の決めつけが多すぎる。

「学歴は大事」って今でこそ少なくなってきたとお思いますが、

就活をしていたら今でも聞くことはあるでしょう。

学歴がある人が仕事出来る訳でもないのに大手企業はなぜ学歴採用するのかという疑問。

就活をしている時に、元人事系で働いていた人に言われたことがあります。

学歴がある=勉強をしてきた=継続的に頑張る力がある

学歴があること自体を見られているのではなく、

学歴があることということが、その人が努力が出来る人かどうかという

ものさしになると言っていました。

企業からしたら、20年間生きてきた学生をたった数回の出会いだけで判断するのですから

ものさしは重要です。一人採用するのに100万円かかると言われているのですから。

じゃあ、学歴がないから諦めるのか?

学歴がなくても大手企業で働いている人はいます。

そういう人たちは、自分が何をすればいいか分かって違う側面で戦ってきたのだと思います。

学歴がないから行きたい会社を受けれない。

その先入観は捨ててしまいましょう。

邪道でも何でもいい、違う方法も転がっています。

社会人になって5ヵ月でブログを始めた理由

僕は、就活を通していきたい会社を見つけ、

志望していた企業に就職しました。

次に待っていた壁は、やりたいことを出来る環境にいないことでした。

社会人の初めのうちは、与えられたことをやる力を身に着けることが大事。

もっともです。

けれど、数年後自分がやりたいことを出来る保証はない。

10年後にやっぱ、今の道で進んでくれってなった時に、

何も残らないと思いました。

だから、ブログを通して自分の可能性を広げたい。

社会人になっても挑戦し続けようと思います。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

-ライフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログを始めて10日目でブログを始めた本当の理由に気づきました。

雑記ブロガーとしてブログを始めて10日程が経ちました。 ブログを始めた理由は ・人に伝えることが好き ・好きなことをして稼ぎたい ・失敗しても経験値となればプラスになると思った ブログを半年間以上書き …

雑多ブログと特化型ブログ、もちろん僕は・・・

ブログを始める上で、 雑多ブログにするか特化型ブログにするか悩み、たくさんのブログやこれに関するブログを読みました。 ブログ作成の上で、色んな記事を読んだけど、本当に 十人十色・・・ 結論から言えば、 …

初心者ブロガー結果が出ない~ブログのモチベーションの保ち方~

ブログは継続が大事。 最初は結果が出なくても記事を書き続けることが大事。 ブログを始めて3週間ですが、 「ブログ=継続」という記事をたくさん見てきました。 ブログ=継続が大事 継続=モチベーション維持 …

器用貧乏とも言われたミーハーな僕が楽しむという価値観を。

改めて自己紹介と共にブログの方向性について書こうとおもいます。 最後まで読んでいただけると幸いです。 多趣味人間と最初の記事にも書きましたが、 今まで本当に色んな事にチャレンジしてきました。 とりあえ …

大手エンタメ会社に就職した僕がブログを始めた理由

目次1 「世の中の人たちに楽しさを届けたい」1.1 今の会社に後悔しているのか?1.2 誰かの役に立ちたい・影響を与えたい1.3 文章が苦手でもブログを選んだ 「世の中の人たちに楽しさを届けたい」 エ …